社員インタビュー

本当の自分とは!?~ジョハリの窓~

conversation

これは、学生の就職活動の中で、人事の方々から、学生に対して頻繁に聞く質問の1つだと言われています。
皆さんは、自分の”強み”や”弱み”をすぐに説明できるでしょうか。

意外と、学生でなくても難しく感じるのではないかと思います。

 

そこで今回は、自分の”強み”や”弱み”を知るだけではなく、
コミュニケーションを円滑にする「ジョハリの窓」について紹介したいと思います。

 

 

ジョハリの窓とは

ジョハリの窓は、1955年、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフトと
ハリー・インガム が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを指します。

 

まずは、下の図をご覧ください。

 

johari

 

ジョハリの窓には、4つの窓があるとされています。

「開放の窓」……みんなが知っていて、自分も自覚している自分自身
「秘密の窓」……自分は知っているけれど、他人には隠しておきたい自分自身
「盲点の窓」……他人からは見えているが、自分では気づいていない自分自身
「未知の窓」……誰も知らない自分の可能性

この4つの窓のうち、「未知の窓」を多く知ることが、新しい自分の発見ということになります。

 

実際どのように活用すればいいのか

では、実際にどのように進めていけば良いかについてです。

 

①積極的に弱みを自己開示して「秘密の窓」を開ける。

②他人に自分の強み、弱みをインタビューする。

③フィードバックを受けることで「盲点の窓」を開けていく。

④結果として「開放の窓」の領域がどんどん広がる。

⑤最終的には今まで気づくことのなかった「未知の窓」、つまり、自分の得意なことが見えてくる。

 

という流れになります。

 

この一連の流れの中で、一番問題となるのが③の「盲点の窓」についてです。
なぜなら、自己開示した他人に「盲点の窓」が広がるようなフィードバックをもらえるかどうか
そして、そのフィードバックをしっかりと受け入れられるかどうか
この2点が重要になってくるからです。

 

最後に…

joharimado

 

ここまで、「ジョハリの窓」について紹介してきました。
最初に、就活中の学生を例示として挙げたので、就活生への記事のように思われたかもしれませんが、
働いている人にとっては、”自分の強みを知り、その強みを使って、仕事への取り組み方を改善できる”ということに繋がるのではないでしょうか。

 

ぜひ、「ジョハリの窓」を活用して、新しい自分との出会いを体験してみてください。

 



私たちと一緒に22世紀に残るサービスをつくりませんか?