社員インタビュー

初心者必見!導入せずにはいられないエバーノート活用術

evernote

日々の業務で大変お世話になっているエバーノートですが、周囲に聞いてみると、意外と使っている人が少ない・・・。話を聞くと、導入してみたもののどう使っていいのかわからないという声がちらほら。
とても便利なのにもったない!
そこで今回はエバーノートを使ったことがない・過去に挫折経験があるという方を対象に、快適なエバーノート生活をご提案させて頂ければと思います。

 

PC・オンライン上にノートを作成するメリット

エバーノートは使い幅が広い分「どう使っていいのかがわからない」ということが、導入を考える上で一番最初のハードルのようです。今回は、まずPC・オンライン上でノートを管理することのメリットを掘り下げ、エバーノートの色々な機能に触れていきたいと思います。

個人的には下記の3点がPC・オンラインでノートを管理する上での大きなメリットなのではないかと考えています。

1.どこからでも見れる
作成したノート・メモがどこからでも見れたら便利ではないでしょうか。
しかし、そのためには常に必要な情報が記載されているノート、メモを持ち歩かなくていけません。ノートがオンライン上にあれば、作成・編集したノートはデバイスを選ばずどこからでも見ることが出来ます。例えばスマフォからとったメモをPC上で編集したり、PC上で作成・編集したノートをスマフォから観覧といったことが可能です。

2.情報を1カ所にまとめることができる
紙媒体だと作成したノート・メモの管理が大変です。
過去に作成したものを見返したい時に、色々なところに情報がばらけてしまっていると、必要な情報を探すのも一苦労です。オンラインでは一カ所でノートを管理できる上、すぐれた検索機能もあるので、上記の様なことに悩まされることもありません。

3.書いたものを再加工できる
日頃ノートの作成やメモを取る人にとって、過去に作成した情報を編集・加工したいなどと言うことは多いのではないでしょうか。
しかし、紙媒体で作成したものを再度編集しようと思うと、メモが汚くなってしまったり、一から作り直す必要があったりと、なかなか労力を強いられる作業になってしまいます。そのような時、PC上のノートであれば過去の情報を変更することも新しい情報を加えることも楽ちんです。

 

賛否両論はあれ、ここまででオンライン上にノートを作成することのメリットはわかっていただけたのではないかと思います。
しかし、PC上でノートを管理したいのなら、エバーノートではなくてもいいのではないでしょうか。次になぜ私がエバーノートをおすすめするのかということを、エバーノートならではの便利機能を紹介しつつ掘り下げていきたいと思います。

エバーノートならでは便利機能

・検索機能がすごい
エバーノートでは検索ワードをノート内のあらゆる個所から探し、検索結果としてひっぱてくることが可能です。下記イメージの様にノートの内容などにも検索ワードが記載されているかを見て、探したい情報を素早く引き出せます。

エバーノート検索機能

過去に作成したノートのタイトルなどを覚えていなくても、薄らとでも内容さへ覚えていれば、何となくノートに含まれているであろうワードから欲しい情報を探し出せます。便利ですね!またここでは深く触れませんが、有料プランではノート内にとりこんだ画像ファイルなどに含まれている文字まで検索対象として認識できます。

・ノートの整理・管理がしやすい
如何に一カ所でノート一元管理できるといえど、やはり保存する情報が増えてくると、どうしてもノートを一覧表示したときなどの可読性は低くなってしまいます。
そんな時はノートブック・タグ機能を使ってノートをカテゴリー毎に検出できる様にすると良いでしょう。ノートブックもタグも役割は同じで、各ノートに共通項を持たせ、必要なカテゴリー毎に欲しいノートをひっぱってきてくれます。ノートブック・タグは別々に使用しても便利ですが、併用もできます。例えば気に入った料理のレシピ保存しておく場合などは、「レシピ」というノートブックを作成し、ノートが増えてきたら料理のジャンルをタグで付けるなどと言った使い方も可能です。レシピの一覧が見たければノートブックを参照し、各ジャンルの料理に絞って見たい場合はタグを使用するといった具合になります。
どう使うかはお好み次第ですが、いずれも下記イメージの用に右のサイドバーに各ノートブック・タグが表示されているので、検出したいカテゴリーを選択すると該当したノートが検出されます。

エバーノートタグ・ノートブック

・webクリップ機能が便利!
日頃ネットなどで調べ物をしていると、必要な情報にブックマークをすることが多いのではないかと思います。
しかし、アレやコレやと何でもブックマークをして、本当に必要な情報が埋もれてしまうなんてことはないでしょうか。エバーノートにはwebクリップという便利な機能があり、ブラウザのアドオン機能を通し下記イメージの容量ででwebサイトの情報をボタン一つでエバーノートに取り込むことが出来ます。

エバークリップイメージ

ここではgoogle chromeのEvernote Web Clipperという拡張機能を使用し、webの情報をノートとして取り込んでいます。
これで情報によってブックマークに置くものとエバーノートへ保存するものとうような棲み分けができ、必要な情報が埋もれてしまうなどと言うここともなくなるのではないでしょうか。

おわりに

ここで紹介させて頂いたもの以外にも、エバーノートには様々な機能、連携ツールが存在します。また紙媒体の情報を取り込むことなども可能なので、是非自分にあった使い方を見つけていただければと思います。また本ブログではオンライン上でのノート作成、エバーノートの利便性について書かせて頂きましたが、決して往来の紙媒体のモノを否定している訳ではなく、ノート・メモを管理する手段一つとしてエバーノートを考慮にいれていただけたらという思いで書かせて頂きました。

このブログがエバーノートを利用されるきっかけになれば幸いです。



私たちと一緒に22世紀に残るサービスをつくりませんか?