社員インタビュー

「あなたもカモメになれますか?」TSUTAYAに学ぶ経営変革術

lgf01a201307222200

市場環境の変化と企業への影響

タイトルは、リーダーシップの権威、ジョン・コッターが提唱する組織変革に関する名著「カモメになったペンギン」から拝借していますが、

昨今、スマートフォンが普及、回線インフラが著しく向上したことにより、消費者はいつでも・どこでもインターネットにつながるようになりました。それに伴い、企業も従来と同じやり方をしていては市場から取り残されるという時代になっています。

企業は既存の成功体験に甘んじることなく、市場環境の変化に伴い、次のビジネスを探し続けないと生き残っていけないのです。

生き残った企業・なくなった企業

巨大レンタルチェーン ブロックバスター
ここにひとつ事例として、米国のブロックバスターと日本のTSUTAYAを取り上げます。
ブロックバスターはかつて全米各地に3,000ものビデオ・DVDレンタルチェーンを運営していた企業です。一方いわずとしれた、日本のレンタルビデオ最大手TSUTAYAは、ブロックバスターの営業内容をそのまま日本に持ち込んで成功を収めたのです。
では、ブロックバスターはどこで足を踏み外したのでしょうか?

 

レンタル業態の変化・競合の台頭

block

レンタルビデオという業態は、宅配レンタルDVD、そしてブロードバンドの普及により、ストリーミング配信へと時代が変わりつつありました。
そんな中、競合となるネットフリックス社が、ネットで注文し、見終わったら、自宅の郵便受けに入れておけば配達員が配達のついでに回収するというサービスを打ち出してきました。また、レッドボックス社は、1日約1ドルで貸出すという低価格のレンタル専用自動販売機をスーパーマーケットからドラッグストア、コンビニからファーストフード店などの商業施設に設置するというサービスを展開してきました。

ブロックバスターも黙っておらず、バイ・メールというオンラインレンタル事業、ブロックバスター・エクスプレスという自動販売機型レンタル事業を開始しました。しかしながら、レッドボックスの圧倒的安さには太刀打ちできませんでした。

無料動画サービス普及・AppleTVの登場、そして終焉へ

今や巨大動画プラットフォームとなった、Youtubeの普及に伴い、インターネットでの無料動画視聴が一般的になりました。さらに、アップル社の「AppleTV」が発売されたことにより、今までPCでのみ視聴していた動画をテレビで見るようになり、さらに、テレビ番組を1本99セント、映画も4.99ドルなどですぐに視聴できるサービスも開始されることでますます窮地に追い込まれることになったのです。
結果、ブロックバスターは、2010年9月に連邦破産法を申請し倒産、その後、2014年1月に約300の全店舗を閉鎖することになります。

TSUTAYAが生き残ったわけ

tsutaya

1)驚異的な速度でのインターネットへの対応

「iモード」のスタートと同じ1999年には「TSUTAYAオンライン」を開始し、
モバイル向けのオンラインクーポンやメールマガジンの配信等を開始しています。
また、多くのアプリを展開していますが、スマホを売り場に代えるというコンセプトで開発。クーポン発行や在庫検索、利用履歴の閲覧をスマートフォン上で可能にしています。

2)レンタル業態以外への多角化
最近のTSUTAYAは、Tポイント事業が目立ちますが、物販の売り上げがDVDレンタル事業を既に上回るようになりました。

TSUTAYA書籍・雑誌販売額1,157億円~19年連続成長。年間売上高で本がDVDレンタルを上回る

もちろんレンタル事業の縮小も上記の理由としてはありますが、2011年にMBOを行ったことで、当座のキャッシマシーンであったレンタル事業で稼いだお金を、Tポイント事業事業や物販事業など他の事業に投資することで、事業を多角化させることに成功したのです。

カモメになったTSUTAYA

ブロックバスターとTSUTAYAは、最初はほとんど同じ業態の会社でした。
ただ、大きな違いは既存・当座の利益に胡座をかかず、次の仕掛けを市場の動きより先行して進めたか、進めなかったか、ただ、それだけです。市場がシフトし競合が立ち上がった後では、時既に遅し、TSUTAYAのMBO以降の動きはまさに市場のシフトを見越した一歩先をいくものだったといえるでしょう。



私たちと一緒に22世紀に残るサービスをつくりませんか?