社員インタビュー

インターン後、大手就職からの復職でリーダーとして活躍

22Inc.は大手企業の出身者が多い。NTTデータやリクルート、本田技研工業、ミクシィ、オプトといった企業など。福泉も学生時代、22Inc.でインターンを約1年間経験した後、一度、大手人材メディア会社に就職した。

学生時代はインターンとして活躍

決して高学歴と言われる大学ではない、その分、自身の実力・経験を積むことを意識した。大手ゼネコンをはじめ、スタートアップにも複数社インターンを経験、22Inc.も卒業するまでの約1年間、インターンながら案件受注するなど営業として活躍していた。学部の首席として卒業も出来、待ちに待った社会人デビュー、期待感も膨らんでいた。

大手に入って感じた違和感

「就職は安定した大手で・・」、就職に関しては両親の気持ちも考え、安定している会社を選んだ。しかし、大手入社後に待っていたのは違和感の連続だった。充実した研修の機会、経験ある先輩社員、学べる・挑戦できる機会も多く、決して誤った選択ではなかった。ただ、研修後に現場に配属され、営業として働く中で、日に日に違和感は大きくなっていった。

現場に配属されて、2ヶ月経った頃、お金を稼ぐためだけに働いている自分に気づく。日曜の夜になると感じる憂鬱な気分、ただ、やり過ごすようになった平日。そんな時、インターン時代の上司から「連休にイベントがあってもし予定空いていたら手伝ってほしい」と連絡が入った。

再確認した自分の求める働き方

就職した会社では、副業が禁じられていたため働くとしたらボランティア的な働き方になる。でも気分転換で手伝ってみようとイベントの手伝いをすることになった。連日、外でアプリの利用を促すための声がけ、声が枯れそうになる中、精一杯働いてクタクタになった。せっかくの連休なのに・・という思い以上に充実した気分に満たされている自分がいた。「そういえばインターンで働いていた頃もこんな感じだったっけ・・」あの頃は何気なくインターンとして過ごしていたけど、サービスに対する愛着や、スタートアップならではの日々目まぐるしく変わっていく社内の状況。そういった環境の方が性に合っていると感じるようになった。会社に求めることが明確になった後は早かった。すぐに上司に相談を行い、退職の意思を伝えるとともに22Inc.に正社員として復帰した。

サービスと自分の成長を実感できる日々

新卒で入った大手と比べて大きな違いは与えられる経験と裁量の大きさ。22Inc.のメンバーの特徴として大きいのはサービスに対する愛着。現在はカスタマーサクセスのリーダーとして活躍している。一番のやりがいは自分たちのサービスが身近なお店で使ってもらえて役立っている実感を感じられること、毎日忙しく過ごすが感じられる充実感。「大手かどうかで悩んでいる学生さんがいたら、何をやりがいとして感じる性格かを振り返ってみると良い気がします。私の場合はそれが自分の成長と世の中に役立っているという実感でした」、そう福泉はハニカミながら話す。

忙しくも充実した日々を送る

福泉は今日も会社が方針として掲げる「エンドユーザー(お客様)、クライアント(導入店舗)、22Inc.それぞれがメリットを感じる=「三方良し」」を実現すべく今日もクライアントと伴走する忙しい日々を明るく過ごしている。彼女のサービスに対する愛情はクライアントの心も動かし、組織をより前進させる。



私たちと一緒に22世紀に残るサービスをつくりませんか?