テクニカル

サービス立ち上げ時のメアドどうする? 新しいサービス立ち上げ時に、info@new-service.comのようなメールアドレスってだいたい作りますよね? でも、AWS EC2 etc…で構築とかしてると当然Route53使いますが、例えば、お名前.comでドメイン取得してたりしても、お名前.comの転送サービスが使えません。 既にメールサーバを運用していたり、契約してるクラウドでメールサーバなりが提供されているといいのですが、ない場合にわざわざ立てるのってとても面倒です。 GoogleAppsか?Outlook.comか? 有料でよければGoogleAppsを使えば独自ドメインをお手軽に運用できますが、Outlook.comを使えば無料で運用できます。 機能的には遜色ないので、GoogleAppsにこだわりがなければOutlookを選ぶといいと思います。 あと、新着メールなどサーバサイドで送る場合にも使えます。 弊社はサーバサイドの開発にはRailsを使っているのですが、プログラムから(ActionMailer)からも問題なく送信できます。 設定方法 サマリ Step0 Outlook.comのアカウント作成 Step1 ドメインの登録 Step2 ドメイン所有の証明 Step3 ユーザの追加 Step4 Railsからの送信 Step0 Outlook.comのアカウント作成 Outlook.comでアカウントを作成します。 独自ドメインの管理ユーザとなりますので、会社で使う場合等はドメインの管理者がアカウント登録してください。 http://domains.live.com/?mkt=ja-jp Step1 ドメインの登録 登録完了後、Windows Live アドミン センターにアクセスします。 https://domains.live.com/ ドメインの登録に進んでください。 登録したいドメインを入力し、進んでください Step2 ドメイン所有の証明 次にStep1で入力したDNSが、自信が所有するドメインであることを証明します。 今回はAWSのRoute53を利用しますので、AWSにログインしRoute53の設定画面より下記のMXレコードを設定してください。 ※ お名前.comやValueDomainなどでも同じようにMXレコードを設定してあげればドメイン所有の証明は通ると思います。 設定後にこちらの更新ボタンをクリックします。 反映に少し時間がかかる場合があるので、うまくいかないときはお茶でも飲んで待ちましょう^ ^ Step3 ユーザの追加 あとはこちらから必要なユーザを追加してあげてください。 サービス運営から新着やお知らせメールなどを送るのであれば、"info"などのユーザを作成しておくとよいでしょう。 Step4 Rails(ActionMailer)からの送信 Rails経由で送信する場合の設定です。 Railsからメール送信する場合はActionMailerを使いますが、下記のように設定してあげれば、ActionMailer経由でメールが送信できます。 AWS場合はSES経由で送る必要がありますので、下記の設定になります。 # config/enviroments/production.rb config.action_mailer.delivery_method = :ses config.action_mailer.smtp_settings = { :address=>'smtp.live.com', :port=>587, :user_name=>'info@new-service.com, :password=>'******', :domain=>'example.com', :authentication=>:plain, :enable_starttls_auto => true } ローカルでテストしたりするかと思いますので、smtpで送信する場合の設定も書いておきます。 # config/enviroments/production.rb config.action_mailer.delivery_method = :smtp config.action_mailer.smtp_settings = { ...

誤解されがちなbackbone.jsのMVCについて書いてみました。 backbone.jsとは? ・今流行のクライアントMVCフレームワーク ・viewファイルの複雑化を解消し再利用性高くjsコードを書くことが出来る ・Key-Value型のデータとカスタムイベントを持つ ・undersocr.jsというライブラリに依存する   サーバーサイドのMVCとの比較 サーバーサイド 1リクエストに対し1レスポンスという処理を制御。 controllerがリクエスとに応じviewやmodelとやり取りをしレスポンスを返す。 クライアントサイド   主にユーザーアクション拾い描写に関する部分を処理する。 viewとmodelとの結びつきが深く、実質viewがcontrollerの役割も担っている。   backbone.jsのMVC 上記の図の通り、サーバーサイドのMVCとはその役割が大きく異なります。 backbone.jsのMVCはGUIアプリケーションを作成する際のそれに近く、ユーザーアクションを拾いViewを変更するという処理が起点となっています。 ただbackborn.jsには下記のRouterというオブジェクトが存在し、URLに変化があった際にこのRouterがユーザーアクション→描写という様な処理を担います。 以下ざっくりとですが、backboneMVCにおけるそれぞれの役割、特徴となります。 Model ・サーバーとの通信 ・バリデーション処理 ・データ変更時にカスタムイベントを発火させる View ・modelの更新やDOMの変更に応じてイベントを発火させる ・カスタムイベントに応じてviewの描写を行う ・実質コントローラーの役割も担っている Collection ・複数のモデルをグループ化し、管理する Router ・URLが変化したときの処理を担っている   次回はbackbone.jsを用いてチャット機能の実装をしていきたいと思います。 最後まで読んで頂きありがとうございます。...

スタートアップといえばリーンスタートアップ、リーンスタートアップといえばアジャイルということでチケット管理システム使ってますか? TracやRedmineの重量級のBTSだと、いまいちアジャイル開発向きでないし、なにより開発のテンポ感がドライブしないですよね? じゃあ何使いましょうかと思って、"アジャイル チケット管理"とかでググるとPivotalTrackerとかが出てきます。 これとてもいいんですが有料なんですよね...