その他

人間の意思決定研究におけるテーマの一つとして「選択肢の多さが意思決定に与える影響」というものがあります。このテーマの研究者でもある、コロンビア大学教授のシーナ・アイエンガー氏のTEDが面白かったのでご紹介したいと思います。 過剰な選択肢は選択をしにくくする?! 彼女によると、 『人々は日々多くの選択をしており、過剰な選択肢(の多さ)は選択をしにくくする。選択をしやすくするためには過剰な選択肢に対して4つの工夫が必要だ。』 とのことで、その工夫はどれも簡単で効果的だと感じるものでした。 まず、過剰な選択肢に関して彼女が行った実験で、「スーパーにおけるジャムの試食販売」というがあります。スーパーで、6種類のジャムと24種類のジャムの試食を用意し、人々がどれだけ試食するか、また、その結果どれだけの人々がジャムを購入するか、を検証する実験です。 結果は、24種類のジャムの方が多くの人に試食されましたが、実際に購入した人は6種類のジャムの方が多く、それは24種類と比較して約6倍も多かったのです。この結果は、選択肢は多ければ良いというものではないことを証明しています。 過剰な選択肢に対する解決策とは 次に、過剰な選択肢に対して私たちができる解決策について、彼女は、以下4つの工夫を挙げています。 【4つの工夫】 1.無意味な選択肢を取り除くこと 2.具体化することで選択肢に現実感を持たせること 3.選択肢を減らしてカテゴリ化すること 4.選択の難易度に慣れさせること 1.は、ジャムの試食販売の実験結果からも分かるとおり、選択肢は多ければ良いというものではありません。P&Gのヘアケア商品でも、商品の種類を26種類から15種類に減らしたら、売上が10%も増加したという結果もあるそうです。時には大胆に選択肢をカットすることも重要です。 2.は、ある企業の社員を対象にファンド加入の手続きの説明の中に、「貯蓄をするとどのような良いことがあるのか?」という質問を加えるだけでファンドへの加入が20%も増加したという結果が出たそうです。選択肢に現実感を持たせることで難しい選択も可能になるということが分かります。 3.は、選択肢そのままよりも選択肢を分類(=カテゴリ化)した方が人は対応しやすくなるという見解です。 例えば、600種類の雑誌を10のカテゴリで見せるのと、400種類の雑誌を20のカテゴリで見せるのでは、400種類の方が、買い物がしやすいという結果になりました。これは、単なる選択肢の数ではなく、カテゴリ化のおかげで人々が選択肢を区別しやすいためなのだそうです。 4.は、車の購入などで、車体の色やシフトレバーの種類など様々なカスタマイズが可能な場合があります。例えば、車体の色には56種類、シートには13種類、レバーには4種類の選択肢があったとします。ポイントは、これら選択肢の「表示順序」を換えることです。 1つは選択肢の多い方から、もう一方は少ない方から表示します。結果は、少ない方からの方が人々は積極的に選択に参加し、多い方からの方は標準的な選択しかしない、つまり選択に飽きているということが分かりました。つまり、どうしても過剰な選択肢を提示しなくてはならない場合、選択することに慣れさせることが重要なのです。 まとめ このTEDをみて、とあるイタリアンレストランを思い出しました。ここのランチは、『クリエーションシステム』といってパスタやソース、具材を自分で選んでオリジナルパスタが作れるというもので、なんと、オリジナルパスタの種類は2,184,000通りにもなるのだそうです。楽しそう!と思ってワクワクしてメニューを見ていると・・・だんだん・・・選択肢が多すぎて・・・結局、既製品(お店が用意しているメニュー)を選んでしまいました。笑 結果的に、とっても美味しいパスタを頂くことができましたが、これではせっかくお店が用意してくれている画期的なシステムを消費者として享受できていないことになります。先に述べた4つの工夫は、サービス側だけでなく自分でもできる、ということが一つの大きな特徴です。 アイエンガー氏が提唱するように、メニューを、50種類の具材を野菜、魚介、肉などに頭の中でカテゴリ化したり、3種類のソース→7種類のパスタ→50種類の具材といった順序で選んでいったりすると、もっと選択しやすくなるのかもしれません。こうした工夫は、正しい選択をするためものではなく、「選択をしやすくするためのもの」です。 過剰な選択を用意せざるを得ないとき、または、なかなか選択されない場合に踏み切れない場合などは、選択肢にこうした工夫を施してみるのもよいかもしれません。...

これは、学生の就職活動の中で、人事の方々から、学生に対して頻繁に聞く質問の1つだと言われています。 皆さんは、自分の”強み”や”弱み”をすぐに説明できるでしょうか。 意外と、学生でなくても難しく感じるのではないかと思います。   そこで今回は、自分の”強み”や”弱み”を知るだけではなく、 コミュニケーションを円滑にする「ジョハリの窓」について紹介したいと思います。     ジョハリの窓とは ジョハリの窓は、1955年、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフトと ハリー・インガム が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを指します。   まずは、下の図をご覧ください。     ジョハリの窓には、4つの窓があるとされています。 「開放の窓」……みんなが知っていて、自分も自覚している自分自身 「秘密の窓」……自分は知っているけれど、他人には隠しておきたい自分自身 「盲点の窓」……他人からは見えているが、自分では気づいていない自分自身 「未知の窓」……誰も知らない自分の可能性 この4つの窓のうち、「未知の窓」を多く知ることが、新しい自分の発見ということになります。   実際どのように活用すればいいのか では、実際にどのように進めていけば良いかについてです。   ①積極的に弱みを自己開示して「秘密の窓」を開ける。 ②他人に自分の強み、弱みをインタビューする。 ③フィードバックを受けることで「盲点の窓」を開けていく。 ④結果として「開放の窓」の領域がどんどん広がる。 ⑤最終的には今まで気づくことのなかった「未知の窓」、つまり、自分の得意なことが見えてくる。   という流れになります。   この一連の流れの中で、一番問題となるのが③の「盲点の窓」についてです。 なぜなら、自己開示した他人に「盲点の窓」が広がるようなフィードバックをもらえるかどうか そして、そのフィードバックをしっかりと受け入れられるかどうか この2点が重要になってくるからです。   最後に…   ここまで、「ジョハリの窓」について紹介してきました。 最初に、就活中の学生を例示として挙げたので、就活生への記事のように思われたかもしれませんが、 働いている人にとっては、”自分の強みを知り、その強みを使って、仕事への取り組み方を改善できる”ということに繋がるのではないでしょうか。   ぜひ、「ジョハリの窓」を活用して、新しい自分との出会いを体験してみてください。  ...

日々の業務で大変お世話になっているエバーノートですが、周囲に聞いてみると、意外と使っている人が少ない・・・。話を聞くと、導入してみたもののどう使っていいのかわからないという声がちらほら。 とても便利なのにもったない! そこで今回はエバーノートを使ったことがない・過去に挫折経験があるという方を対象に、快適なエバーノート生活をご提案させて頂ければと思います。   PC・オンライン上にノートを作成するメリット エバーノートは使い幅が広い分「どう使っていいのかがわからない」ということが、導入を考える上で一番最初のハードルのようです。今回は、まずPC・オンライン上でノートを管理することのメリットを掘り下げ、エバーノートの色々な機能に触れていきたいと思います。 個人的には下記の3点がPC・オンラインでノートを管理する上での大きなメリットなのではないかと考えています。 1.どこからでも見れる 作成したノート・メモがどこからでも見れたら便利ではないでしょうか。 しかし、そのためには常に必要な情報が記載されているノート、メモを持ち歩かなくていけません。ノートがオンライン上にあれば、作成・編集したノートはデバイスを選ばずどこからでも見ることが出来ます。例えばスマフォからとったメモをPC上で編集したり、PC上で作成・編集したノートをスマフォから観覧といったことが可能です。 2.情報を1カ所にまとめることができる 紙媒体だと作成したノート・メモの管理が大変です。 過去に作成したものを見返したい時に、色々なところに情報がばらけてしまっていると、必要な情報を探すのも一苦労です。オンラインでは一カ所でノートを管理できる上、すぐれた検索機能もあるので、上記の様なことに悩まされることもありません。 3.書いたものを再加工できる 日頃ノートの作成やメモを取る人にとって、過去に作成した情報を編集・加工したいなどと言うことは多いのではないでしょうか。 しかし、紙媒体で作成したものを再度編集しようと思うと、メモが汚くなってしまったり、一から作り直す必要があったりと、なかなか労力を強いられる作業になってしまいます。そのような時、PC上のノートであれば過去の情報を変更することも新しい情報を加えることも楽ちんです。   賛否両論はあれ、ここまででオンライン上にノートを作成することのメリットはわかっていただけたのではないかと思います。 しかし、PC上でノートを管理したいのなら、エバーノートではなくてもいいのではないでしょうか。次になぜ私がエバーノートをおすすめするのかということを、エバーノートならではの便利機能を紹介しつつ掘り下げていきたいと思います。 エバーノートならでは便利機能 ・検索機能がすごい エバーノートでは検索ワードをノート内のあらゆる個所から探し、検索結果としてひっぱてくることが可能です。下記イメージの様にノートの内容などにも検索ワードが記載されているかを見て、探したい情報を素早く引き出せます。 過去に作成したノートのタイトルなどを覚えていなくても、薄らとでも内容さへ覚えていれば、何となくノートに含まれているであろうワードから欲しい情報を探し出せます。便利ですね!またここでは深く触れませんが、有料プランではノート内にとりこんだ画像ファイルなどに含まれている文字まで検索対象として認識できます。 ・ノートの整理・管理がしやすい 如何に一カ所でノート一元管理できるといえど、やはり保存する情報が増えてくると、どうしてもノートを一覧表示したときなどの可読性は低くなってしまいます。 そんな時はノートブック・タグ機能を使ってノートをカテゴリー毎に検出できる様にすると良いでしょう。ノートブックもタグも役割は同じで、各ノートに共通項を持たせ、必要なカテゴリー毎に欲しいノートをひっぱってきてくれます。ノートブック・タグは別々に使用しても便利ですが、併用もできます。例えば気に入った料理のレシピ保存しておく場合などは、「レシピ」というノートブックを作成し、ノートが増えてきたら料理のジャンルをタグで付けるなどと言った使い方も可能です。レシピの一覧が見たければノートブックを参照し、各ジャンルの料理に絞って見たい場合はタグを使用するといった具合になります。 どう使うかはお好み次第ですが、いずれも下記イメージの用に右のサイドバーに各ノートブック・タグが表示されているので、検出したいカテゴリーを選択すると該当したノートが検出されます。 ・webクリップ機能が便利! 日頃ネットなどで調べ物をしていると、必要な情報にブックマークをすることが多いのではないかと思います。 しかし、アレやコレやと何でもブックマークをして、本当に必要な情報が埋もれてしまうなんてことはないでしょうか。エバーノートにはwebクリップという便利な機能があり、ブラウザのアドオン機能を通し下記イメージの容量ででwebサイトの情報をボタン一つでエバーノートに取り込むことが出来ます。 ここではgoogle chromeのEvernote Web Clipperという拡張機能を使用し、webの情報をノートとして取り込んでいます。 これで情報によってブックマークに置くものとエバーノートへ保存するものとうような棲み分けができ、必要な情報が埋もれてしまうなどと言うここともなくなるのではないでしょうか。 おわりに ここで紹介させて頂いたもの以外にも、エバーノートには様々な機能、連携ツールが存在します。また紙媒体の情報を取り込むことなども可能なので、是非自分にあった使い方を見つけていただければと思います。また本ブログではオンライン上でのノート作成、エバーノートの利便性について書かせて頂きましたが、決して往来の紙媒体のモノを否定している訳ではなく、ノート・メモを管理する手段一つとしてエバーノートを考慮にいれていただけたらという思いで書かせて頂きました。 このブログがエバーノートを利用されるきっかけになれば幸いです。...

会社ホームページのリニューアルと同時にブログを開始することになりました! 時々の更新となりますが、会社についてや、社員の日常、サービスの紹介、気になる時事ネタなど雑多なテーマでざっくばらんに書いていければと思います。 どうぞよろしくお願いします。...